議事録、定款作成サービス

横浜法人

 

議事録、定款作成サービス

会社の名前を変更する、新しい事業を始めるなど会社の憲法である定款を変更するケースがあります。 

 

この定款の変更は株主総会の決議をもって行います。 通常株主総会を開催したり、定款を変更した場合は書面に残しておきます。本サービスは御社が開催した(開催する予定)の株主総会について、お客様に代わって株主総会議事録を作成し、また定款を修正するものです。

 

株主総会議事録や定款を作成する時間がない、そもそもどうやって作るかわからない、書類作成はめんどくさいけど登記だけは自分でやりたい、そんなニーズにお応えしたいと思います。

 

どんな場合に定款を変更する必要があるか

定款を変更するケースを次のとおり挙げます。

 

□会社名を変更した
□事業内容を変更した
□発行可能株式総数を変更した
□会社の住所を変更した
□取締役会を設置した、または廃止した
□監査役を設置した、または廃止した
□株式に付した譲渡制限を外した
□役員の任期を変更した
□株主以外のものが相続により株式を取得した場合、会社が売渡請求できる旨をさだめた

 

などなど

 

基本的に定款は絶対的記載事項があれば定款自体有効です。 

 

定款には3つの記載事項があります。

 

・絶対的記載事項 …記載しなければ定款自体が無効になる
・相対的記載事項 …記載することで効力が生じる
・任意的記載事項 …記載するかどうかは自由

 

定款には必ず記載しなければならない事項があります。これを「絶対的記載事項」といい記載しないと定款自体が無効になります。

 

この絶対的記載事項は次のとおりです。

 

・目的
・商号
・本店の所在地
・設立に際して出資される財産の価額またはその最低額
・発起人の氏名または名称及び住所

 

 

定款変更、株主総会議事録作成にかかる費用

 

株主総会議事録
(A4サイズ)

一枚 3,000円

株主総会議事録
(A3サイズ)

一枚 5,000円

定款
(wordなどのデータがある場合)

一通 4,000円

定款
(wordなどのデータ無く、紙の定款しか見つからない場合)

一通 10,000円
就任承諾書 一枚 1,000円
登記申請書の作成 10,000円(何件分でも一括申請であれば価格は同じです)

 

納品方法

メールもしくは紙にて納品いたします。 

 

※紙の場合、郵送代実費を頂きます。あらかじめご了承ください。紙代はサービスいたします。
※メール納品をご希望のお客様はword、Excelにて納品いたします。

 

株主総会議事録、定款作成サービスの流れ

 

横浜法人


トップへ戻る